タカ3選手がゴールデングラブ賞 甲斐キャノン脚光「感謝の気持ちでいっぱい」

2年連続受賞した甲斐
2年連続受賞した甲斐
写真を見る
6年連続受賞した松田宣
6年連続受賞した松田宣
写真を見る
2年連続受賞した柳田
2年連続受賞した柳田
写真を見る
ゴールデン・グラブ賞投票結果
ゴールデン・グラブ賞投票結果
写真を見る

 ■2年連続、捕手・甲斐

 2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した甲斐が、周囲のサポートに感謝した。「(同賞を)頂けると思ってなかったので、本当に驚いていますし、すごくうれしいです。自分一人の力では頂けるはずもなく、試合に使ってくださった監督、コーチ、スタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」。昨季は育成ドラフト出身捕手で初めて同賞を受賞。今年も12球団一の盗塁阻止率(4割4分7厘)が高く評価され、2位以下に大差をつけての連続受賞となった。また、広島との日本シリーズでは自慢の強肩で6者連続盗塁阻止のシリーズ新記録を樹立。「甲斐キャノン」として脚光を浴び、こちらも育成ドラフト出身者初となる日本シリーズMVPに輝く活躍を見せた。

 ■6年連続、三塁手・松田宣

 ソフトバンク・松田宣三塁手「欲しいと思っていた賞なのでうれしいです。毎年連続で取り続けることに価値があるものだと思うので、来季も元気にホットコーナーを守れるように、これでいい気にならず、オフにしっかり力を付けたいと思います」

 ■2年連続、外野手・柳田

 柳田が2年連続受賞を素直に喜んだ。昨季に続き、外野手部門で1位だった秋山に続く2位での選出に「うまい外野手がたくさんいる中で選んでいただき、本当に光栄に思っています。これからも投手を助ける守備にこだわって、しっかり練習・準備をしていきたいです」と球団を通してコメントした。補殺数は2年連続で12球団トップを記録したチームメートの上林(10個)に及ばなかったが、それでもリーグ2位の8補殺を記録。「この賞に恥じないいいプレーを見せていきたい」。3年連続受賞に意欲を見せた。

=2018/11/09付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]