ソフトB内川「珍エール」に奮起 ファンフェスタ大盛況3万5772人来場

ファンフェスティバルに集まったホークスのファンたち
ファンフェスティバルに集まったホークスのファンたち
写真を見る
ヤナセMVP賞を受賞した柳田
ヤナセMVP賞を受賞した柳田
写真を見る
ドラコンに挑戦する柳田
ドラコンに挑戦する柳田
写真を見る
ファンと一緒に綱引きを楽しむ内川ら選手たち
ファンと一緒に綱引きを楽しむ内川ら選手たち
写真を見る
DA PUMPの「U・S・A」ダンスを披露する加治屋
DA PUMPの「U・S・A」ダンスを披露する加治屋
写真を見る

 福岡ソフトバンクのファン交流イベント「ファンフェスティバル2018」が25日、ヤフオクドームであり、3万5772人が来場した。選手は3チームに分かれ、ジェスチャーゲームやイントロクイズ、ドラコン競争などで対戦。普段は見られない選手たちの姿にファンも大喜びだった。

【写真特集】ホークスファンフェスティバル2018

 来季5年目の栗原は開会宣言で「まず自己紹介します。イェーイ! サンシャイン栗原です」と、お笑い芸人サンシャイン池崎のものまねを披露。「本当に聞いてなかった。めっちゃ焦りました」と苦笑いしながらも、会場を大いに沸かせた。最後は松田宣が今季のスローガン「もう1頂!」をファンとともに合唱してイベントを締めた。

■柳田3台目ベンツゲット ヤナセMVP賞

 柳田が「ヤナセ・福岡ソフトバンクホークスMVP賞」を受賞した。今季は3年ぶり2度目の首位打者(打率3割5分2厘)と4年連続の最高出塁率(4割3分1厘)のタイトルを獲得。2014、15年に続く3度目の受賞となり、「メルセデス・ベンツC180」(本体価格449万円)を贈られた。「15年の(車)は父親にあげたので、今回は母親にあげる。実家にベンツが2台並びますね」と笑顔を見せた。

■内川来季奮起誓う ファンから「ナイスバント」

 内川がファンの「珍エール」に奮起を誓った。パレード中に「ウッチーナイスバント!」という垂れ幕を発見。日本シリーズ第5戦の4回にホークス移籍後は初となる送りバントを決めており「来年はあの場面で打たせてもらえる成績を残したい。もちろん、サインが出ればバントします」と笑顔で話した。パレード後にあったファンフェスティバルでは、外野に設置したゴルフシミュレーターを使ったドラコン勝負に出場。参加6選手で最長の291ヤードという数値をマークし、217ヤードの柳田を上回るなど存在感を見せた。

■本場仕込み!?U・S・Aダンス 加治屋&嘉弥真

 米国でのオーバーホールから21日に帰国したばかりの加治屋と嘉弥真が、ファンフェスティバルの最後をDA PUMPの「U・S・A」ダンスで締めた。当日に突然大役を任され、約30分の“突貫工事”だけで本番に突入。昨年は「いざゆけ若鷹軍団」を踊った嘉弥真は「練習できていない」と話しながらも、ど派手な衣装と切れのある動きでファンを沸かせた。25日が27歳の誕生日だった加治屋は「できれば誕生日は外してほしかった」と恥ずかしさで顔を赤らめていた。

=2018/11/26付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]