ソフトB千賀、ダルから超刺激 今月上旬米国で合同トレ

ヤフオクドームでの練習を終え、引き揚げる千賀
ヤフオクドームでの練習を終え、引き揚げる千賀
写真を見る

 ダルから超刺激! 福岡ソフトバンクの千賀滉大投手(25)が15日、米大リーグ、カブスに所属するダルビッシュ有投手(32)と米国でともにトレーニングを行ったことを明かした。今月上旬にチームメートの石川と渡米。現地で1週間、メジャー57勝右腕と練習を行った。13日夜に帰国したばかりの千賀は目をキラキラさせ、独特の表現で興奮を示した。

 「(ダルビッシュを)雲の上の存在と思っていた自分が恥ずかしい。雲の上にすら確認できなかった」

 ともに過ごした1週間で、ダルビッシュからはピッチング、トレーニングなど多岐にわたって助言を受けたという。そのどれもが濃い内容で「野球だけでなく、考え方がすごすぎる」。その内容の濃さゆえ、まだ自身の中で消化できていない部分も多く「また今度お話しします」と、数々の「金言」をじっくりと時間をかけて理解し、実践につなげていく構えだ。

 「刺激を受けたというレベルじゃないくらい、来季だけでなく今後への刺激になった」。15日も午前中にヤフオクドームを訪れ、一人黙々と約2時間トレーニングに汗を流した。今季は、3年連続の2桁勝利で自己最多タイとなる13勝をマーク。一方で開幕投手を任されながら故障などで4度出場選手登録を抹消され、規定投球回(143回)に2イニング届かなかった。

 昨年12月の契約更改交渉では、球団にポスティングシステムによる将来的なメジャー移籍を直訴した。元来球団はポスティング移籍を認めていないが、いずれにしてもダルビッシュのような圧倒的な数字を残さない限り「夢」への道は開けないことも理解している。ダルからの大きな刺激を、必ず来季へつなげる。 (倉成孝史)

=2018/12/16付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]