ソフトB大竹、武田への弟子入り否定 相乗効果を強調

平均台からネットスローする大竹
平均台からネットスローする大竹
写真を見る

 2桁勝利を目標に掲げる大竹が、武田との自主トレでの相乗効果を口にした。「武田さんとは意識するポイントやフォームのつくり方で共通点が多い。新聞とかだと『弟子入り』と書いてあるんですけど、そんな意識はなく、2人でつくり上げていく意識」と報道陣に空気感を語った。現在は一塁側へ体が流れがちな動作を矯正中で、筋トレの成果もあり「だいぶ安定感は増してるかな」と自負。練習の終わりに、捕手役の武田が座った状態でカーブも交えた投球を披露した。

=2019/01/11付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]