ソフトB育成・清水が手術、全治3カ月

ソフトバンク・清水
ソフトバンク・清水
写真を見る

 福岡ソフトバンクは17日、育成の清水陸哉外野手(19)が右足関節の鏡視下骨棘(こっきょく)切除術と直視下骨接合術を受けたことを発表した。16日に福岡県久留米市内の病院で受けたもので入院は10日間程度、復帰まで約3カ月の見込み。清水は京都国際高から育成ドラフト5位で2017年入団。2年目の昨春には左手親指の手術を受けていた。

=2019/01/18付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]