ソフトB石川 右太もも肉離れ 全治4~5週間キャンプ出遅れ必至

右太ももを肉離れし、出遅れが濃厚となった石川
右太ももを肉離れし、出遅れが濃厚となった石川
写真を見る

 福岡ソフトバンクの石川柊太投手(27)が右太ももを肉離れしていることが18日、分かった。数日前に福岡県筑後市のファーム施設でダッシュした際に痛めたという。例年行っている千賀らとの合同自主トレにも参加せず静養中。全治には4~5週間を要する見込みで、春季キャンプでの大幅な出遅れは避けられない状況となった。

 石川は昨季、中継ぎで1勝目を挙げた後、先発で4連勝を含む7勝をマーク。夏場に再び中継ぎへ配置転換され、5勝を積み上げた。先発、救援に故障者が続出する中、チームトップタイの13勝を記録。救世主的な活躍を見せていた。ただ、日本シリーズ期間中に右肘を痛め、このオフは患部の回復を優先し、米国でのオーバーホールも実施。コンディションに細心の注意を払っていた。今季は先発ローテーションの一角として期待されるだけに、チームにとっても気掛かりだ。

=2019/01/19付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]