ソフトBドラ6泉「千賀、武田級の直球」 久保コーチ高評価

B組紅白戦に白組で先発した泉
B組紅白戦に白組で先発した泉
写真を見る

■B組紅白戦2回4失点も…

 B組紅白戦に白組で先発したドラフト6位の泉圭輔投手(21)=金沢星稜大=は味方の失策もあり、2回4失点(自責1)だった。数字だけを見れば「ほろ苦デビュー」だが、久保2軍投手コーチは球質を高く評価した。

 最速147キロ右腕は結果でアピールすることができなかった。「シート打撃と違い、捕手からブロックサインが出て頭が混乱した」。2回で被安打3に3四死球、さらに味方の2失策で4失点。「テンポが悪く守りのリズムをつくれなかった。味方のミスを消すことができずに悔しい」と唇をかんだ。

 本人は反省の言葉を並べたが、初回に2連続三振を奪うなど意地も見せた右腕に久保2軍投手コーチは大器の片りんを感じ取っていた。この日最速143キロを計測した直球に「角度があるし質がいい。球の回転軸が地面と平行。近いのは武田かな。千賀もそう」と、ホークス投手陣の主力を引き合いに出して評価。「得意球(ツーシーム)もあるみたいだけど、真っすぐにも自信を持って、どんどん投げていってくれれば。楽しみな投手」とルーキーの背中を押した。 (長浜幸治)

=2019/02/16付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]