ソフトB上林が腰に張り 別メニュー調整

15日の守備練習中、腰に手をあてる上林
15日の守備練習中、腰に手をあてる上林
写真を見る

 上林誠知外野手(23)が16日、腰の張りを訴え、別メニューで調整した。ウオーミングアップ前の円陣には姿を見せたが、その後はベンチ裏に引き揚げ、紅組の1番右翼で出場予定だった紅白戦も欠場。体幹トレーニングや軽い素振りなどを行った。張りは前日15日の守備練習中に感じたという。幸いにも症状は軽く、病院の検査を受ける予定はない。次の第5クールから全体練習に復帰できる見込みで「昨日(15日)より全然状態はいい」とうなずいた。工藤監督は「今、無理をする必要は全くない。問題ない」と話した。

=2019/02/17付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]