ソフトB田中正義、真っすぐにこだわりを持って/斉藤和巳氏の目

西日本スポーツ評論家の斉藤和巳氏
西日本スポーツ評論家の斉藤和巳氏
写真を見る

 ◆ソフトバンク紅白戦(16日・宮崎アイビー)

 田中からは結果を重視しながら投げていることがよくうかがえた。初球から変化球で入ったり、変化球を続けたりしていた。結果を出して自分に自信を付けたいのだろう。今置かれた立場を思えば間違っていないが、一番のセールスポイントである真っすぐにはこだわりを持ってほしい。

 あれだけの球威のボール。誰もまねができない。田中の真っすぐなら、コースが甘くても打者は打ち損じてくれる。

 真っすぐで気になったのは3回、周東を歩かせた後、次打者谷川原への初球、ボールになった球だ。加減して投げたのか、腕を振れていなかった。ボールが先行したことを引きずり、しっかりとコントロールしようとしたのかもしれないが、四球を出そうが打たれようが、前に投げたボールを引きずってはいけない。変化球では、フォークはもう少し「落ち」がいるし、細かいコントロールの修正も必要。それでも全体的には良かった。

 武田、高橋礼も順調な調整ぶりだった。紅白戦で最も良かったのが大竹。他の投手のようなスピードもウイニングショットもないが、コントロールと切れ、テンポを変えて投げるといった落ち着いたマウンドさばきが光った。 (西日本スポーツ評論家)

=2019/02/17付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]