ソフトBドラ1甲斐野、紅白戦で153キロ フォークで福田K斬り

1回を無失点の甲斐野
1回を無失点の甲斐野
写真を見る

 ◆ソフトバンク紅白戦(17日・宮崎アイビー)

 ドラフト1位の甲斐野(東洋大)も最速153キロをマークした直球を軸に1回を無失点に抑え、大きくアピールした。白組で7回に登板。福田を137キロのフォークで三振に切って取るなど2死を奪った後、美間、西田に連打を浴びた。後続は断ったが、「福田さんへのフォークはベストなところに落ちたけど、それ以外はまだまだ。真っすぐはまあまあだったけど、精度を上げていかないと」と課題を挙げた。紅白戦序盤には千賀の投球を記者席で食い入るように見つめ、「やっぱりすごい投手」と最速155キロの直球に驚いていた。

=2019/02/18付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]