ソフトB甲斐打ってもキャノン 対外試合チーム1号

2回2死一塁、右越え2ランを放った甲斐
2回2死一塁、右越え2ランを放った甲斐
写真を見る
対外試合チーム1号を放つ甲斐
対外試合チーム1号を放つ甲斐
写真を見る
2回、2ランを放ち、笑顔でナインに迎えられる甲斐(左から2人目)
2回、2ランを放ち、笑顔でナインに迎えられる甲斐(左から2人目)
写真を見る

 ◆練習試合「球春みやざきベースボールゲームズ」ソフトバンク3―8西武(27日・宮崎アイビー)

 打っても「キャノン」! 福岡ソフトバンクの甲斐拓也捕手(26)が27日、今年の対外試合チーム第1号を放った。西武との練習試合(宮崎アイビー)の2回2死一塁から、伊藤のスライダーを右翼スタンドに運ぶ2ラン。前日26日の楽天との練習試合では代名詞の「甲斐キャノン」を発動して盗塁を二つ阻止。「打てる捕手」を目標に掲げる今季、対外試合2試合目にしてバットでも砲弾をぶっ放した。

■大量失点は反省

 「獅子脅し打線」の破壊力を見せつけられた直後だった。反撃の一発を見舞ったのは、甲斐だった。2回2死一塁、甲斐は2年目伊藤の122キロスライダーに反応。振り抜いた打球は右翼スタンドの芝生の上で弾んだ。今年の対外試合2試合目で飛び出した、チーム第1号だった。

 「スライダーは少し頭にあった。一、二塁間に意識を持っていたら、ああいう結果になった」

 前日の楽天との練習試合では、二つの盗塁を「キャノン」でしっかりと阻止。一夜明けて、今度はバットで一発を見舞った。「打てる捕手」を目標に掲げ、オフから打撃強化に取り組み「やっていることが少しはできた」と控えめに喜んだ。

 昨季は12球団トップの盗塁阻止率4割4分7厘をマークし2年連続のゴールデングラブ賞を獲得、日本シリーズでは6連続盗塁阻止の新記録をつくり最優秀選手賞にも輝いた。だが、シーズンの打率は2割1分3厘にとどまり、ベストナインは西武森にさらわれた。そのライバルの目前で“宣戦布告”するかのような一撃だった。

 今キャンプでは首脳陣からも、打撃練習に時間を割けるようにメニューの組み方を配慮された。この日も試合後は、室内練習場で打ち込み。工藤監督が見守る中、細かなステップを踏みながら強い打球を連発した。「疲れるとどうしても、上半身に頼ってしまう。足です。足」。1年間、力強く振り続けるために、下半身主導のフォームを体に染み込ませていた。

 「打てる捕手」を求めるのは「勝てる捕手」になるための過程でもある。捕手としてマスクをかぶった5回までで、8点を失った事実も重く受け止めていた。「好き勝手に打たれてしまった」。浅村が抜けても昨季のリーグチャンピオンの破壊力は健在。覇権奪回へ“前哨戦”の反省も糧にしていく。 (鎌田真一郎)

=2019/02/28付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]