ソフトBドラ1甲斐野155キロ バット破壊1回完璧 工藤監督も「素晴らしい」

9回2死、西武・木村(手前)のバットをへし折り、三ゴロに打ち取った甲斐野
9回2死、西武・木村(手前)のバットをへし折り、三ゴロに打ち取った甲斐野
写真を見る
野手とアウトカウントを確認する甲斐野
野手とアウトカウントを確認する甲斐野
写真を見る
甲斐野の投球内容
甲斐野の投球内容
写真を見る

 ◆練習試合「球春みやざきベースボールゲームズ」ソフトバンク3―8西武(27日・宮崎アイビー)

 「獅子脅し打線」を力で圧倒!! 福岡ソフトバンクのドラフト1位、甲斐野央投手(22)=東洋大=が27日、圧巻の対外試合デビューを飾った。練習試合「球春みやざきベースボールゲームズ」の西武戦(宮崎アイビー)の9回に登板して完璧な投球。最速は155キロをマークし、山田は鋭いフォークで空振り三振。この日4安打の木村のバットは153キロでへし折るなど、今季の開幕カードで対戦する西武にトラウマを植え付けるとともに、開幕1軍へ大きく前進した。

 開幕1軍への道がくっきりと見えた。最速159キロを誇る甲斐野が、対外試合デビューで圧巻のパフォーマンスだ。「すごく緊張したけど、マウンドで『やってやろう』と思った」。今季の開幕カードで激突する西武が誇る「獅子脅し打線」を3人で料理した。

 大学時代の「仕事場」だった9回に登場。先頭の山田は直球を2球続けて追い込むと、最後は低めへのフォークで空振り三振。中田も直球で三ゴロに仕留めると、木村への初球にはこの日最速の155キロ。最後は153キロでバットを砕いて三ゴロに打ち取った。

 全9球で直球は6球。うち5球が150キロ超の快速球だった。「対外試合は(1軍生き残りを懸けた)勝負の始まりですから。腕を振って強い球を投げられたのは収穫です」。実は「ブルペンでの調子は良くなかった」というが、潜在能力の高さを存分に見せた。

 この日の西武打線は8回までに15安打8得点と大爆発。チーム最多の4安打を放ちながら、最終打席で甲斐野に圧倒された木村は「速いですね。(球質は)サファテは伸びがある感じで、甲斐野はドーンとくる系。155キロも出ていたし、力がある」と認めた。

 三振を奪われた山田も「フォークがえぐかった。(直球と)全く一緒の軌道から落ちた。同級生とは思えないすごい球だった」と目を見開いた。それでも甲斐野は「いいところに落ちたけど、(フォークは)まだ腕の振りが緩い部分がある」と課題を口にした。

■監督「素晴らしい」

 無限の可能性を秘めたドラフト1位の快投に、工藤監督も「155キロまで出たし楽しみ。何の問題もなく素晴らしい投球だった」と賛辞を贈った。倉野投手コーチも「いろんな投手の初登板を見てきた中で、3本の指に入るくらいの衝撃だった」と口にした。

 甲斐野の開幕1軍の可能性について、倉野コーチは「今日のような登板を続けてくれたら、当然そうなる」とした。最も評価した点は「ブルペンと違い、試合では小手先じゃなく体全体を使って打者を圧倒する雰囲気があった。そこが一番の収穫」と明かした。

 救援陣はサファテや岩崎が手術明けで、加治屋や嘉弥真らも調整が遅れている。「マウンドからベンチに帰るとき、野手の方が温かく出迎えてくれた。またあの感覚を味わいたい」。22歳の剛腕がブルペンに加われば、開幕ダッシュの大きな戦力となりそうだ。 (長浜幸治)

=2019/02/28付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]