ソフトB東浜、苦心の初対外試合 セットで乱れ1回3失点

6回に登板、1イニング3失点で逆転を許した東浜
6回に登板、1イニング3失点で逆転を許した東浜
写真を見る

 ◆オープン戦 ソフトバンク4-3ヤクルト(9日・タマスタ筑後)

 左脇腹を痛めていた東浜が今季初の対外試合に臨み、1回3失点と苦しんだ。6回に3番手で登板。1死後、安打と2四球で満塁にすると内野ゴロで1点を失い、さらに大引に右翼へ2点適時打を浴びた。2月17日の紅白戦以来となる実戦登板に「セット(ポジション)での投球でバランスが悪くなった」と反省。それでも「無事投げられたことは収穫」とホッとした様子だった。

=2019/03/10付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]