熊本で「秋山杯」開幕 ソフトB前監督「チームで助け合って」 中学18チーム参加

母校の氷川中や竜北中の野球部員とともに笑顔で記念撮影に応じる秋山幸二さん(後列左から3人目)
母校の氷川中や竜北中の野球部員とともに笑顔で記念撮影に応じる秋山幸二さん(後列左から3人目)
写真を見る
「秋山杯」の総合開会式で始球式を務めた秋山さん
「秋山杯」の総合開会式で始球式を務めた秋山さん
写真を見る

 福岡ソフトバンク前監督の秋山幸二さん(56)=本紙評論家=の出身地、熊本県氷川町と同県八代市の計4会場で16日、第4回秋山幸二杯中学生少年軟式野球大会(第16回八代北部招待中学生軟式野球交歓会)が開幕した。秋山さんが出席して氷川町で行われた総合開会式では、鏡中野球部の前田爽空さん(2年)が「平成最後の大会で、苦楽を共にしてきた仲間とともに最後の一球まで諦めずにプレーします」と力強く選手宣誓。熊本、鹿児島、宮崎の計18チームが、きょう17日まで予選リンク戦と決勝トーナメントで争う。

 秋山さんは総合開会式で「野球は一人ではできません。チームで助け合い、勝利を目指して突き進んでください」とあいさつ。将来の夢に「プロ野球選手」を挙げた中学生に「夢をかなえて地元の人たちを楽しませてほしい」とエールを送った。秋山さんとキャッチボールを楽しんだ竜北中野球部の繁崎陽平さん(2年)は「秋山さんのボールは重くてナックルとか変化球もありました。憧れの秋山さんとキャッチボールができ、いい思い出になります」と頬を紅潮させていた。

=2019/03/17付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]