ソフトB育成・川原、雪辱の3人斬り「落ち着いて投げられた」

9回に登板し、1イニングを三者凡退に抑えた川原
9回に登板し、1イニングを三者凡退に抑えた川原
写真を見る

 ◆オープン戦 ヤクルト5-7ソフトバンク(17日・神宮)

 支配下復帰を目指す育成の川原が名誉挽回の好投を見せた。2点リードの9回に5番手で登板。先頭の西浦を152キロで遊ゴロに仕留めると、中村は151キロで見逃し三振。代打荒木も147キロで中飛に仕留めるなど三者凡退でセーブを記録した。前回登板した14日の巨人戦で救援失敗するなど、2試合連続で結果を出せなかった左腕は「前の試合で悪かったので、しっかり整理した。落ち着いて投げられた」と話した。

=2019/03/18付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]