ソフトB、デスパとグラの打順カギ モイネロ加わり救援厚み/池田親興氏の目

西日本スポーツ評論家の池田親興氏
西日本スポーツ評論家の池田親興氏
写真を見る

 ◆オープン戦 ソフトバンク5-2広島(23日・ヤフオクドーム)

 開幕ローテ入りが確定的な先発のミランダは修正能力を示した。長いシーズンでは、いつも調子がいいとは限らない。苦しい中で粘るピッチングができていた。3回からは球数を減らしてリズムをつくったことが攻撃にもつながった。開幕前最後の調整登板としては良かったのではないか。

 川原も投げるたびに成長している。先頭を出しながら併殺で3人で終わらせた。フルカウントになっても四球を出さず、粘っていけていた。戦力として1軍の枠の中にいてもおかしくない内容だった。連投のテストとなったモイネロは球が走らない中で踏ん張った。加治屋も結果を残した。

 開幕戦までオープン戦も残り1試合の段階になって、サファテの2軍調整が決まった。納得する状態を整えてから1軍に帰ってくるほうが本人にとっても、チームにとってもいいと思っていた。これで外国人枠の懸案は解消される。「投手2、野手2」で決まりだろう。バンデンハークは調整が遅れ、スアレスは先発するならば長いイニングと球数を投げる準備がまだ必要だ。サファテが抜けて森を守護神とする救援陣は、嘉弥真と加治屋の調子が上がってきており、モイネロがここに加わることで整ってくる。

 一方、打撃陣は中村晃がいつ帰ってこられるか分からない状況になった。デスパイネとグラシアルの2人をどの打順で起用するのかがポイントの一つになる。柳田が3番か4番か、どちらに据えるかでも変わってくる。1番牧原、2番今宮と8番松田、9番甲斐の流れは固定だろう。上林はオープン戦で結果が出ていないが、能力は高い。何かのきっかけ一つで変わるはずだ。例えば開幕戦の緊張感の中、相手のエースからヒットを打つとか、打点を挙げるとか。期待している。 (西日本スポーツ評論家)

=2019/03/24付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ホークス下剋上日本一!西スポ2018アーカイブス

西日本新聞のイチオシ [PR]