九州、3月前半は寒暖の差大きく

西日本新聞

 福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は5日、九州地方の1カ月予報(7日~4月6日)を発表した。平均気温はほぼ平年並みだが、期間の前半は寒暖の差が大きくなる見込み。降水量はほぼ平年並みとみられる。

 ▽7~13日 寒気が流れ込み気温は低くなる。晴れる日もあるが低気圧の影響で曇りや雨の日が多い。

 ▽14~20日 高気圧に覆われ気温は高くなる。

 ▽21日以降 天気は数日の周期で変わる。

=2015/03/06付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ