特集「九州の活断層の現状」(5)日奈久断層帯、発生確率は全国一

西日本新聞

九州の主な活断層 拡大

九州の主な活断層

 九州では警固断層帯以外でも、大きな地震が想定されている活断層がある。

 文部科学省が公表している主要断層の長期評価(今年1月時点)によると、全国187断層のうち、30年以内の発生確率が最大16%と全国で最も高いのが、日奈久断層帯の八代海区間(約30キロ)だ。熊本県水俣市や芦北町などの沖に位置している。

 ちなみに1995年に発生した阪神大震災の発生直前の確率は0・02~8%だった。これと同等以上の断層は現在、全国に10カ所あるという。文科省は2013年2月、今後30年以内にマグニチュード(M)6・8以上の大規模な地震が起きる確率を初めて地域別に算出した長期評価を公表した。第1弾は九州だった。発生確率は九州北部7~13%、中部18~27%、南部7~18%で、九州全体でみると30~42%。17の主な活断層の活動状況に基づいて算出し、対象地域の活断層が多いほど確率が高まる。

 九州の主要活断層は4~5カ所に集中している。一つは警固断層帯など福岡県内に南北に走る各断層。九州中部では、大分県の別府-万年山断層帯、長崎県の雲仙断層群、熊本県の日奈久断層帯など。九州南部は九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)に近い、市来断層帯などがある。

 別府-万年山断層帯は14年度から、13年度まで行われた警固断層帯のように、文科省による重点調査が進められている。

 

=2015/03/15付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ