[2015年]九州7県490人立候補予定 県議選、政令市議選3日告示

西日本新聞

 九州7県の県議選と福岡、熊本両政令市の市議選が3日、第18回統一地方選として告示される。

 2日現在、7県議選には定数計351に対し、490人が立候補を予定している。立候補予定者の内訳は、現職が301人(前回比2増)、元職が16人(同5減)、新人が173人(同16減)。計146選挙区のうち、無投票が見込まれる選挙区が60あり、過去2番目に多くなる公算が大きい。福岡市議選には、定数62に対して80人が立候補を予定する。熊本市議選には、定数48に対して59人が立候補する見通し。

 全国では、九州分を含め41道府県議選と17政令市議選が告示される。立候補の受け付けは、各県議選、市議選とも午前8時半~午後5時。投開票は、先に告示された知事選と同じ12日。

=2015/04/02 西日本新聞=

PR

PR

注目のテーマ