上海歌舞団「舞劇 朱鷺」公演 7月に福岡サンパレスで

西日本新聞

仙女と青年の愛の物語を華麗なダンスで表現する 拡大

仙女と青年の愛の物語を華麗なダンスで表現する

■日中友好 優美なダンス披露 
 中国を代表する舞踏団の一つ、上海歌舞団のメンバーによる公演「舞劇 Dance Drama 朱鷺(とき)」が7月6日、福岡市博多区築港本町の福岡サンパレスで上演される。

 中国が1999年、日本につがいのトキを贈り、現在も繁殖が続いていることを日中友好の象徴と捉え、両国で制作した舞台。トキの化身・仙女ジエと人間の青年ジュンの時空を超えた愛をテーマにした「舞劇」で、セリフはなくドラマチックなダンスで物語が進行していく。全2幕。

 上海歌舞団は1979年に創設され、中国の伝統舞踊にクラシックバレエやモダンダンスの要素を加えた優美な振り付けと抜群の表現力で高く評価されている。日本でも「覇王別姫(はおうべっき)」などの舞台で知られ、福岡公演には同団から選ばれた名手約60人が出演する。

 午後2時、同7時の2回公演。入場料は全席指定でA席7千円、B席6千円、C席5千円。チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスで販売。問い合わせはMIN-ON福岡=092(629)3050。


=2015/05/26付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ