芸達者なクマが登場 「ボリショイサーカス」8月開催 福岡市

西日本新聞

ロシア伝統のクマのサーカスなどがある(昨年の公演) 拡大

ロシア伝統のクマのサーカスなどがある(昨年の公演)

 動物たちが大活躍-。世界トップクラスの演技で人気が高い「ロシア国立ボリショイサーカス団」の公演が8月14~17日、福岡市博多区築港本町の福岡国際センターで開催される。

 同サーカスはロシア連邦文化省に所属し、4千人以上のアーティストとスタッフ、約6千頭の動物が国内外で公演を行っている。1958年に初来日し、これまでに約1300万人を動員している。公演の目玉は動物のサーカスで芸達者なクマ、ネコのユーモアあふれるステージや馬の曲乗り「ジギト」に注目したい。空中アクロバットやジャグラーなど手に汗握る演目も披露する。家族で楽しんで夏休みの思い出にしたい。

 開演時間は(1)午前10時半(2)午後1時半(3)同4時半(14日は(2)(3)、17日は(1)(2)の2回公演)。入場料は1階指定席5500円(前売り5千円)、2階ブロック指定席4500円(同4千円)。3歳以上有料。チケットは、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスで販売。演目は変更になる場合もある。

 問い合わせは福岡公演事務局=092(752)1710。


=2015/06/09付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ