7月24日から「絵本ミュージアム」 子どもの想像力高めよう

西日本新聞

たくさんの絵本を自由に読める広場もある(昨年の会場) 拡大

たくさんの絵本を自由に読める広場もある(昨年の会場)

■福岡アジア美術館 
 子どもたちに読書の喜びを紹介する特別展「NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム 2015」が7月24日~8月20日、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館で開かれる。

 今回のテーマは「つながる ひろがる」。季節感や別世界を感じさせる構成で、子どもの想像力や好奇心を高める。

 会場ではいわいとしおさんの「うみの100かいだてのいえ」や「おばけのきもだめし」(作・内田麟太郎さん、絵・山本孝さん)など人気絵本の世界を再現したコーナーや約千冊の絵本を自由に読める「えほんひろば」などがある。最新デジタル技術を使った展示も楽しい。

 会期中、会場で絵本作家の対談やワークショップなど多彩な関連イベントを実施する。スケジュールや申し込み方法は同展ホームページを参照。

 入場料は一般千円、高校・大学生700円、小中学生500円。未就学児は無料。前売り券(各200円引き)は主要プレイガイドで販売している。問い合わせは西日本新聞社企画事業室事業部=092(711)5513。


=2015/06/16付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ