「山本作兵衛の世界」展 炭鉱文化を知ろう セミナー、トークも

西日本新聞

 ■7月26日まで 福岡市博物館 
 山本作兵衛さんの炭鉱記録画(世界記憶遺産登録)などを紹介する特別展「山本作兵衛の世界」が7月26日まで、福岡市早良区百道浜の市博物館で開かれている。展示に関する催事が館内講堂である。参加無料。

 セミナー「山本作兵衛コレクションと明治日本の産業革命遺産」(6月26日午後2時半・イベントコード0626・先着240人)では九州観光推進機構の石原進会長らが観光資源としての炭鉱文化について語る。

 トークセッション「美学校・模写壁画とは何か」(7月4日午後1時半・同0704・6月26日締め切り)では、山本さんの絵を高く評価し、美学校(東京)で学生に模写させた画家菊畑茂久馬さんらが参加する。

 参加希望者は、はがきにイベントコード、郵便番号、住所、氏名、年齢、人数(1催事につき2人まで)を明記し〒810-0001 福岡市中央区天神1の4の1、西日本新聞イベントサービス内、山本作兵衛の世界係まで送付を。ファクス=092(731)5210、電子メール=sakubei2015@nishinippon-event.co.jp=でも受け付ける。イベントサービス=092(711)5491。


=2015/06/23付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ