【クッキングパパ30周年 うえやまとち 笑顔食堂】貝いっぱい 貝千チャンポン アサリのうま味たっぷり

西日本新聞

後味まで風味豊かでした 拡大

後味まで風味豊かでした

 福岡在住の漫画家うえやまとちさんの人気作品「クッキングパパ」で紹介された1300余りの料理の中から、男性記者が1品を選び再現する「笑顔食堂」。旬の味覚をと、貝千(かいせん)チャンポンに挑戦した。

 漫画では、主人公荒岩一味が潮干狩りに出かけ、貝を千個くらいどっさり使う、海鮮ならぬ貝千チャンポンをこしらえる。

 残念ながら潮干狩りに行く暇がなく、近所のスーパーでアサリを調達。レシピを見ると、スープに貝のうま味をしっかり出させるのがポイントとのこと。2食分を作るのに思い切ってアサリを800グラムほど投入。酒蒸しにした後、鶏がらスープで煮込むイメージか。10分ほどで調理完了。スープをすすると、後味までアサリの風味がたっぷり。素人料理ながら満足の出来と自画自賛した。

 掲載写真の見栄えを考えてちくわやかまぼこなどを加えたが、シンプルな方がアサリのうま味をもっと堪能できたかも。再チャレンジだ! 


=2015/05/22付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ