【クッキングパパ30周年 うえやまとち 笑顔食堂】涼味 ナス麺 野菜がそうめんに変身

西日本新聞

彩りもごちそうでした 拡大

彩りもごちそうでした

 何だろう、でもうまそう。初めて聞く料理名に、食べたいと思った。梅雨空がひと休みした休日、台所に立った。

 ナス、キュウリ、ゴーヤーの夏野菜を麺状にして、そうめん感覚で食べる料理。ただ、スライサーは買ったばかり。最初は無残な切れ端であったが、徐々に麺状になっていった。これをかたくり粉にまぶし、ゆで、冷水で締めれば、麺になるというのだが…。

 錦糸卵とゆでたエビ、それにおまけのトマトを添えると、彩りを増し、それなりの姿になった。1時間後の実食。恐る恐る野菜麺をつゆに浸し、口に運んだ。ドロドロかと覚悟していたが、野菜はツルツル麺に変身していた。ゴーヤーも苦くない。ほーっ、いけるね、と箸が進んだ。

 野菜はもう少し太麺でも良かったかも。具材に肉を加えて冷しゃぶ風にしてもうまかろう。冷麺に野菜を添えることはあっても、野菜自体を麺にする発想が新鮮だ。ビールとも、ご飯とも、相性抜群だった。 


=2015/06/26付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ