少年玉竜旗争奪剣道大会 716チームの熱戦に期待

西日本新聞

小中学生剣士たちが日ごろの成果を競う(昨年の大会) 拡大

小中学生剣士たちが日ごろの成果を競う(昨年の大会)

■8月1、2日 アクシオン福岡 
 小中学生剣士が日ごろの鍛錬の成果を競う「第50回少年玉竜旗争奪剣道大会」(味の明太子ふくや特別協賛)が8月1、2日、福岡市博多区東平尾公園のアクシオン福岡で開かれる。

 剣道を通じた子どもたちの健全育成を目的に毎年開催。今年も九州・山口各県を中心に、全国から参加があり、5人制勝ち抜き方式の小学生の部に261チーム、中学生の部(男女混成)に294チーム、3人制点取り方式の同女子の部に161チームの計716チームが熱戦を繰り広げる。

 昨年は小学生の部は如水館(福岡市)、中学生の部は九州学院(熊本市)、同女子の部は今宿少年剣道部(福岡市)がそれぞれ優勝した。今年も遠来の有力チームと地元勢の力のこもった試合が期待される。小学生と中学生の部では鮮やかな5人抜き、10人抜きなど手に汗握る展開が楽しめそうだ。

 観戦無料。1日は小学生と中学生女子の部、2日は中学生の部で試合を行う。開会式は各日午前8時半から。問い合わせは同大会事務局=090(4583)7379。


=2015/07/21付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ