「人道の外交官『杉原千畝』と命のビザを繋いだ日本人たち展」 講演会など開催

西日本新聞

6千人のユダヤ人を救った杉原千畝 拡大

6千人のユダヤ人を救った杉原千畝

■9月3~8日 福岡アジア美術館 
 第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの迫害から数多くのユダヤ人難民を救った外交官杉原千畝と根井三郎、協力した神学者小辻節三の業績を紹介する「人道の外交官『杉原千畝』と命のビザを繋(つな)いだ日本人たち展」が9月3~8日、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館で開かれる。会期中、展示に関連した講演会などを福岡明治安田生命ホール(同区中洲)で行う。

 5日午前10時半、外交ジャーナリスト手嶋龍一さんの講演会「動乱を駆け抜けた外交官」。6日午後2時、著書に「命のビザを繋いだ男」がある俳優山田純大さんらが出演するトークショーを開催。いずれも入場料1200円。前売り券(千円)をチケットぴあ、セブンチケットなどで販売。未就学児は入場できない。

 展覧会の入場料は一般1200円。高校生以下無料(学生証の提示が必要)。問い合わせは同展実行委員会事務局=092(739)3215。


=2015/08/24付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ