戦争の実相報じず 戦意高揚を後押し

西日本新聞

 70年前に終わった戦争中、新聞はメディアの主流だった。だが、軍部による情報統制を前に、事実を正しく伝えていたとは言い難い。積極的に戦意高揚に加担する「報国」の側面も徐々に強まっていった。1931年の満州事変から終戦までの間、西日本新聞と前身の福岡日日新聞、九州日報は何をどう伝えたのか。節目の紙面をなぞり、当時の報道を振り返ってみた。

=2015/08/15付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ