「土門拳の古寺巡礼」展 写真への情熱紹介

西日本新聞

■9月23日まで 筑後市の九州芸文館 
 「筑豊のこどもたち」などの作品で知られる土門拳さん(1909~90)の没後25年を記念した写真展「土門拳の古寺巡礼」が9月23日まで、福岡県筑後市津島の九州芸文館で開かれている。

 土門さんは山形県酒田市生まれ。戦前から「リアリズム写真」を追求し、時代を問う作品を発表し続けた。50~70年代に日本各地の寺や仏像をテーマにした「古寺巡礼」シリーズを手掛ける。60年代に2度の脳出血で倒れながらも、車いすで撮影を続けた作品は、土門さんのライフワークとして高く評価されている。会場では同シリーズから作品約170点と撮影時に使用したカメラやメモ帳などを展示し、土門さんの写真への情熱を紹介する。

 写真展の入場料は一般700円、高校・大学生500円、小中学生300円。65歳以上500円。月曜休館(9月21日は開館)。問い合わせは同館=0942(52)6435。


=2015/08/27付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ