時代先取る奇抜なデザイン 吉田ユニ展「IMAGINATOMY」

西日本新聞

吉田さんの作品「IMAGINATOMY」(2014年) 拡大

吉田さんの作品「IMAGINATOMY」(2014年)

■5日から福岡市で、15日からイベントも 
 時代を先取りする視覚デザインで知られるアートディレクター、吉田ユニさんの個展「IMAGINATOMY」(イマジナトミー)が5日~10月4日、福岡市中央区天神のイムズ8階三菱地所アルティアムで開かれる。

 吉田さんは1980年、東京生まれ。大学で美術を学び、卒業後はデザイン業界で経験を積み、2007年に独立した。ファッションビル「ラフォーレ原宿」の広告や歌手木村カエラさんらのCDジャケットほか、奇抜なアングルやゆがみなどの効果を生かした独自の表現で注目されている。

 会場ではポスターなどこれまでの代表作と制作の過程が分かるスケッチなど関連資料を展示し、吉田さんの創作世界をさまざまな角度から紹介する。

 個展の入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。展示に関連して吉田さんがプロデュースするイベント「イムズ アソビ」(入場無料)が9月15日から10月19日まで館内地下2階イムズプラザである。吉田さんが現代風にアレンジした玉入れや射的が楽しめる。問い合わせはアルティアム=092(733)2050。


=2015/09/01付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ