実父の性虐待、精神を破壊…母親に被害話せず「孫の顔が見たい」と言われ…

西日本新聞

 「夜中に目が覚めるとお父さんの顔が横にあって…。それがすごく嫌だった」。10代後半のアイさん=仮名=が、里親のカズコさん=同、50代=にこう漏らしたのは昨冬のことだった。

 幼少期に親を亡くしたアイさんは、小学生になったころ親戚の夫婦に引き取られた。養父から性虐待が始まったのは、小学校高学年のとき。夜に体を寄せてきて「(セックス)させなかったらたたかれた」。

 回数は週1回ぐらい。殴られるのが嫌で、すぐに終わると思って我慢した。口止め料のつもりだったのだろう。養父はプレゼントを買って来てくれたが、何も知らない義姉たちからは疎まれた。

 「暴力を受けている」と、担任の教諭に打ち明けたのは中学3年のころ。アイさんは児童相談所に保護された。「自分がされていた行為の意味を知り、耐えきれなくなったんでしょう」。カズコさんは少女の胸の内を思いやる。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ