11月29日まで福岡市東区 「世界7大陸植物園」 「プラントハンター」西畠さん 貴重な種類求めて旅

西日本新聞

 一般には流通していない植物を追って世界中を旅する「プラントハンター」として注目される西畠清順さんの仕事を紹介する展示会「世界7大陸植物園」が11月29日まで、福岡市東区香椎照葉のアイランドシティ中央公園ぐりんぐりん(北ブロック)で開かれている。

 西畠さんは兵庫県で150年以上続く花と植木の卸問屋「花宇」の5代目。華道家やデザイナーらの依頼を受け、知識と経験を駆使して国内外からこれまでに数千種の貴重な植物を探し出し、採取している。

 欧州、北米、中南米、アフリカ、アジア、オセアニアの各地域に「太古の植物」を加えた七つのゾーンを「7大陸」に見立てて会場を構成。アフリカの自然を象徴するバオバブ(マダガスカル)や世界で最も高くなる樹木として知られるレッドウッド(米国)など各地の風土を感じさせる約200種400点の植物を展示している。

 入場料は大人700円、小中学生500円、未就学児(要保護者同伴)無料。火曜日閉館(9月22日と11月3日は開館)。問い合わせはRKBイベント事務局=092(844)8837。


=2015/09/22付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ