九州は暖冬になる見込み エルニーニョの影響

西日本新聞

 福岡管区気象台と鹿児島地方気象台は25日、九州地方の寒候期予報(12月~来年2月)を発表した。南米ペルー沖で海面水温が高くなるエルニーニョ現象などの影響で、6年ぶりの暖冬を予想している。

 気象台によると、エルニーニョ現象が強まることで偏西風が日本付近で北へ蛇行し、南から暖かく湿った空気が流れ込みやすくなる。シベリア地域からの季節風も弱まり、寒気の影響が小さくなるという。このため平均気温は高くなり、降水量は北部が平年並みか多く、南部は多くなる見込み。

 両気象台は九州地方の3カ月予報も発表した。平均気温は高く、降水量は平年並みか多くなるという。

 【10月】天気は数日周期で変わり、平年同様に晴れの日が多い。

 【11月】天気は数日周期で変わり、南部は平年に比べて晴れの日が少ない。

 【12月】晴れの日が少なくなる。

=2015/09/25 西日本新聞=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ