『ながのばあちゃんの食術指南』  長野路代・佐藤弘 著  (1404円)

西日本新聞

 西日本新聞で2012年から始まった人気連載のレシピ集が本になった。

 85歳の長野路代さんは、福岡県飯塚市生まれ。農家の主婦として培った技を生かし、地元食材を使って、時間とお金をかけない調理方法が大好評だ。連載で反響が大きかった赤麹(こうじ)やだしのもとのほか、どんな料理にも合うコショウ酢、手間がかかると思われがちなタケノコの簡単な処理、自分流に味付けができる白菜漬け、残りご飯でつくるおやつなどを紹介。栄養価の高い旬の食材を調理して、1年を通して利用する漬物や調味料など64種のオリジナルレシピを掲載した。

 長野さんは「一度身に付けた技は一生もの。この本がその一助になれば幸いです」と話している。


=2015/10/04付 西日本新聞朝刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ