陽光浴び、園児ら乾布摩擦 福岡県内、暖かい「大雪」

西日本新聞

 7日は二十四節気の一つ「大雪」。文字通り大雪が降りだすころとされるが、福岡県内はエルニーニョ現象の影響で南から暖かい空気が流れ込み、平年より寒さの和らいだ朝となった。

 福岡管区気象台によると、県内の今朝の最低気温は、福岡市7・4度▽北九州市6・8度▽久留米市6・7度▽太宰府市5・3度-と平年より最大で2・5度上がった。8日以降も平年より気温が高くなる見込み。

 福岡市博多区東平尾の席田(むしろだ)幼稚園では7日午前、園児たちが上半身裸になって乾布摩擦。日が差し込む青空の下、元気よく声を上げながら体をこすっていた。

=2015/12/07付 西日本新聞夕刊=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ