九州も大雪の恐れ 平地で5~3センチ

西日本新聞

 冬型の気圧配置が強まった影響で、九州は19日夕にかけて大雪となる恐れがある。気象庁は山地で10センチ、平地で5~3センチ積雪すると予想。非常に強い風も吹くため、暴風雪や高波の警戒も呼び掛けている。

 この冬一番の強い寒気が上空に流れ込み、18日夕には、熊本市や佐賀市で初雪を観測。福岡市博多区のJR南福岡駅では、線路の凍結を防ぐため、カンテラに火が灯された。

 19日朝の予想最低気温は、熊本県氷点下1度▽宮崎県0度▽佐賀、大分、長崎県1度▽福岡県2度▽鹿児島県3度-など。

 風も強まり、気象庁は18日、一部地域で暴風雪警報と波浪警報を出した。19日までの最大風速は、対馬海峡、九州西海上で20メートル、豊後水道で18メートル。波の高さは3~6メートルとなる。

=2016/01/18 西日本新聞=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ