福岡市で積雪20センチも 大雪、暴風、高波に警戒を

西日本新聞

 福岡管区気象台は22日、この冬一番の非常に強い寒気が流れ込む影響で23日から25日にかけ、九州で大雪や暴風、高波など荒れた天候になる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。九州北部の平野部は最大20センチの積雪が予想され、気温も平年を大きく下回る見込み。交通の乱れや農作物被害への注意が必要で、福岡市など多くの自治体は水道管破損対策を呼び掛けている。

 同気象台によると、大陸から氷点下15度以下の記録的な寒気が流入。23日午後6時から24日午後6時までの予想降雪量は福岡、佐賀、長崎、熊本、大分各市で最大20センチ、鹿児島市では最大20センチ以上。九州北部で大雪注意報、南部で大雪警報が出る可能性がある。

 冷え込みがピークとなる24日は福岡、佐賀、長崎、熊本、大分各市の最高気温が1~2度、最低気温が氷点下3~4度。宮崎、鹿児島両市でも最低気温が氷点下まで下がる見通し。荒れた天候は25日まで続くとみられる。

=2016/01/22 西日本新聞=

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ