世界遺産候補 宗像・沖ノ島 17年登録へ推薦決定

西日本新聞

 国の文化審議会は28日、2017年に世界文化遺産登録を目指す国内候補として「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県宗像市、福津市)を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦することを決めた。政府は近く関係省庁連絡会議を開き、正式決定する。

 「宗像・沖ノ島」は4~9世紀の古代祭祀(さいし)の変遷を示す遺産群で、宗像市の沖ノ島や宗像大社中津宮、福津市の新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群など5件で構成する。

 沖ノ島は島自体が信仰の対象。約500年にわたって海外交渉の成就や航海の安全を祈る国家的祭祀が営まれ、現在に信仰が受け継がれている。金製指輪や銅鏡など約8万点の出土品は全て国宝に指定され、「海の正倉院」と呼ばれる。

 審議した西村幸夫東大教授は記者会見で「古代祭祀の跡、東アジアにおける海を越えた交流が、ほぼ手付かずの状態で残されているのは世界的にもまれ。古代からの人の軌跡が目に見える」と価値を説明した。

 政府は9月末までに暫定の推薦書、16年2月1日までに正式の推薦書をユネスコに提出する。ユネスコの諮問機関は16年秋ごろに現地調査をして、17年春ごろに登録の可否をユネスコに勧告。ユネスコは17年夏の世界遺産委員会で登録を審査する。

 16年の世界遺産委員会では「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎県、熊本県)が審査される。

 他に国内推薦候補となっていた「北海道・北東北の縄文遺跡群」(青森など4道県)と「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟県)、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)は保存管理計画などが不十分として選に漏れた。

    ◇      ◇

 ●「神宿る島」 信仰今に

 【解説】世界文化遺産登録に向けて一歩近づいた沖ノ島は、まさに「神宿る島」だ。島そのものが信仰対象で、6世紀に仏教が伝わる以前から存在した、自然崇拝という日本の信仰の原風景を今に伝える。

 現在の神社で行われる祭祀(さいし)の原型ができたのは古墳時代とされる。人々は海や山、岩などに神々を見いだした。その代表例が沖ノ島や奈良の三輪山だ。

 沖ノ島には4~9世紀の祭祀遺跡が残る。祭祀の場が、大きな岩の上から岩陰、岩から離れた平地へと変化する過程が一つの島で分かる。地元の宗像一族の祭祀が、大和政権の勢力拡大に伴い国家的祭祀へと発展する様子もうかがえる。

 こうした流れの中で、航海安全を願い、金製指輪や装飾馬具など国際色豊かな宝物が沖ノ島に持ち込まれた。その数、約8万点。遠くはペルシャのガラス片もある。「海の正倉院」と呼ばれるゆえんだ。

 沖ノ島は許可なく上陸できない。だが、世界遺産登録によって関心が高まれば、無断上陸などのトラブルも予想される。筑波大の稲葉信子教授(世界遺産学)は「世界遺産は観光のためにあるのではない。人が渡れない信仰の島であることにこそ価値を見いだしてほしい」と強調する。

 世界遺産候補は沖ノ島だけではない。宗像三女神を祭る他のお宮や遥拝(ようはい)所、宗像一族の古墳群といった関連遺産群も含まれる。全体的な価値と魅力を、既存の博物館や案内施設も活用しながら発信することが、信仰と観光の両立に欠かせない。 

=2015/07/29付 西日本新聞朝刊=

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ