小林賢太郎さんが個展 3月13日まで 福岡市のアルティアム

西日本新聞

■笑いのネタちりばめ 
 舞台でマルチな才能を発揮している小林賢太郎さんの仕事を紹介する個展が3月13日まで、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで開かれている。

 「子どもの頃から絵が好きで美術を仕事にしたいと思っていました」と話す小林さんは、多摩美術大(東京)で版画を学んだ。卒業後は1996年に片桐仁さんとコントユニット「ラーメンズ」を結成。劇作家、演出家としても評価を高めている。

 会場では、舞台の小道具として描いた絵画など100点以上の作品を展示。アトリエの一部を再現したコーナーでは、あちこちにコントのネタが隠されており、来場者を飽きさせない。小林さんは「美術とコントが響き合って、それぞれのアイデアにつながっています。福岡は大好きな街なので個展ができてうれしいです」と話した。

 入場料は一般400円、学生300円。高校生以下無料。16、17日は休館。アルティアム=092(733)2050。


=2016/02/04付 西日本新聞夕刊=

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ