<31>豚骨パンチ、世界に羽ばたく 博多一幸舎(福岡市博多区)

西日本新聞

 東京都立川市に完成したばかりの大型商業施設。昨年12月のオープン当日、真新しいフードコートに足を踏み入れると、どこか懐かしいにおいが漂ってきた。豚骨独特の獣臭-。その元をたどると、福岡市博多区に本店を置く「博多一幸舎」の支店があった。

 「このにおいも九州の豚骨ラーメンの良さ。東京でもそこは貫いています」。出店に立ち会うために立川を訪れていた店主、吉村幸助さん(39)はそう話す。においに誘われ、たまらずラーメンを注文した。表面に泡が浮かんだ、いかにも濃厚そうな一杯。スープをすすってみると、見た目に違わず濃い。舌を力強く刺激してくるインパクトのある味わいである。

 勢いは味だけではない。一幸舎は積極的な店舗展開を続ける。立川店は国内で13店目。ライセンス契約など形態はさまざまだが、海外にもインドネシア、米国など7カ国・地域に計31店を構える。取材した日も、吉村さんは中国から帰国したばかりだった。「来週からは台湾です」と国内外を忙しく飛び回る。

    □   □   

 福岡市出身。19歳で最初に飛び込んだのは建設業界。ただ、父親は板前、母親は小料理店を経営していたから、飲食業界につながりはあった。ある日、母の店の常連客だったギョーザ店主から「ギョーザ、覚えてみらん」と声を掛けられた。「作れたらかっこいいかも」と、軽い気持ちで習いに行くうち、飲食業に心が動いた。「ギョーザ店は繁盛していた。一方の建設業界は不況。将来への不安もありました」。23歳で母親の店に入った。

 「知人がラーメン店を立ち上げるから手伝ってほしい」。1年半ほど働いた頃、ギョーザ店主から誘いを受けた。京都でラーメンを学んだ経験を持つ店主に手ほどきを受け、福岡市に開業した店で店長として働き始めた。

 一幸舎の創業は2004年、店長として3年間経験を積んだ後のことだ。それまで作っていたのは背脂を混ぜたしょうゆ豚骨。しかし、創業の際「豚骨100%、パンチのある味」にこだわった。時間差で炊いた二つのスープをブレンドした濃厚な豚骨はすぐに人気となり、翌年にはキャナルシティ博多内の「ラーメンスタジアム」(福岡市)に出店。06年に県外、11年には海外にも店舗を広げていった。

 ここ数年経営側に軸足を置いていた吉村さんは今、ある計画を進めている。年内にも福岡市に新たな店をオープンさせ、自ら厨房(ちゅうぼう)に入るというのだ。「原点に返って、これまでの経験を踏まえた新しい味を追究したい。職人としての腕試しでもあるし、スタッフにもその姿を見せたいんです」 (小川祥平)

 福岡市博多区博多駅前3の23の12。ラーメン700円、替え玉150円。午前11時~深夜0時(日曜日は午後9時)。年中無休。092(432)1190。


=2016/01/21付 西日本新聞朝刊=

PR

連載 アクセスランキング

PR

注目のテーマ