教員の医療的ケア 福岡県教委が正式決定 新年度中に実施へ

西日本新聞

 県教育委員会は3日、教育委員会会議を開き、たんの吸引など、これまで看護師や親に限ってきた医療的ケア(医ケア)を、教員にも拡大する方針を正式決定した。県教委は「教員の研修日程などを決めた上で、新年度中の運用開始を目指したい」としている。

 対象となるのは、県立特別支援学校に在籍する医ケアが必要な児童生徒。教員が行うかどうかは、本人と保護者、主治医などの同意を得た上で、健康状況などを考慮して校長が決める。=2014/03/04付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ