豊築に新たな医療拠点 医師会運営 急患など機能強化

西日本新聞

 豊前市と築上郡3町の地域医療拠点「豊築メディカルセンター」が同市中心部の八屋に完成し、今月から業務を開始した。

 同センターは、日曜祝日の急患受け入れや各種検診を行ってきた「休日急患センター」(同市荒堀)と「成人病検診センター」(同市八屋)を機能強化し、移転したもの。県の地域医療再生計画の一環で、建設費を含む事業費は約9億円。

 建物は鉄骨2階建てで、延べ床面積は約2300平方メートル。駐車場は75台分確保した。最新の医療機器のほか、データを各医療機関と共有できるホストコンピューターも導入。インフルエンザなどの感染症治療にも対応し、一部の部屋はウイルスが外に漏れないよう空気を減圧している。

 運営する豊前築上医師会は「旧施設の駐車場の狭さが解消された。小型検診車の導入で山間部への出張検診も可能になった」といい、地域医療の充実が期待される。

 メディカルセンター内に入る休日急患センター=0979(82)8820。平日に健康診断や日帰り人間ドックを行う「健康管理所」=0979(82)2005。=2014/04/04付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ