無料の栄養相談所開設 福岡市 6月1日、専門家常駐

西日本新聞

 県栄養士会(大部正代会長)は6月1日、福岡市中央区天神5丁目のメディカルシティ天神ビル1階に、管理栄養士ら専門家が常駐し、無料で相談を受け付ける事務所「栄養ケア・ステーション」を開設する。期間は半年間。日・祝日を除く月曜~土曜の午前10時~午後4時に運営する。

 同会によると、同種の施設は県内で初めて。管理栄養士の仕事や役割を広く理解してもらうのが目的。事務所には相談スペースやショールームがあり、広さは約70平方メートル。相談に対応するほか、生活習慣病の患者などを対象とした「特別用途食品」を展示し、一部は試食もできる。同じビル内にある糖尿病専門の内科クリニックと連携し、患者の食事のサポートも行う。

 大部会長は「病院から勧められた食品以外に食品の選択ができない人が多い」と現状を指摘し、「おいしくて健康にも役立つ食事の情報を伝え、食べることの満足度を高めるお手伝いをしたい」と語った。県栄養士会=092(631)1160(平日のみ)。=2014/05/30付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ