運動やがん検診など... 健康づくりにポイント 飯塚市が事業開始 抽選で200人に賞品贈る

西日本新聞

 飯塚市は、市民が運動の目標を立てて実施したり、がん検診を受けたりするとポイントを付与し、抽選で賞品を贈る「健幸(けんこう)ポイント事業」を始めた。年を取っても元気で過ごせる「健康寿命」を延ばすのが目的。

 対象は本年度末時点で19歳以上の飯塚市民。今年4月1日~来年3月8日の間の、健康づくり活動にポイントを与える。

 (1)「車での外出を減らす」などの目標を立て「買い物は歩いて行く」などの取り組みをする(2)市のがん検診や特定健康診査、職場の健康診断を受ける(3)市主催の介護予防教室などの講座、健幸ウオーキング大会などに参加する‐という3種類の活動に一つずつ取り組むと、各1ポイント、計3ポイントを得る。

 これを専用の応募はがきに記入し、来年3月11日までに郵送か持参で市に提出する。応募者の中から抽選で200人に賞品を贈る。

 健幸ポイント事業を説明する資料と応募はがきは、市医療保険課(本庁)や健康・スポーツ課(穂波支所)、他の支所に置いている。

 問い合わせは市健康・スポーツ課=0948(24)4002。=2014/07/29付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ