患者の投稿を治療に生かす 佐賀大など共同研究 IT医療

 質問投稿サイトを運営するオウケイウェイヴ(東京)は、医療とITをつなげる共同研究契約を、佐賀大(佐賀市)などと締結したと発表した。年内に、佐賀大医学部付属病院の患者や家族が相談内容を投稿できる専用サイトを開設、医師がその内容を基に食事指導や治療計画に生かすという。

 オウケイウェイヴによると、今回の産学連携は、患者の声を引き出して健康の改善や病気の予防に役立てる狙い。医師は、サイト上の相談者の投稿から、アプリを使ってテーマごとに悩みなどを抽出、傾向を分析する。

 共同研究の分担では、オウケイウェイヴが専用サイトを作成。また、医師向けに投稿内容の分析を手助けするアプリは、ソフトウエア開発のミュー(東京)が担当する。

 オウケイウェイヴはQ&Aサイト「OKWave」を運営。その中では医療に関する相談も多いという。同社は「共同研究で地域医療の発展に役立ちたい」としている 。=2014/08/16付 西日本新聞朝刊=

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR