新こども病院開業 福岡・人工島 入院患者19人移る

西日本新聞

 福岡市立こども病院が1日、同市東区のアイランドシティ(人工島)に移転開業し、同市中央区唐人町の旧病院から東区香椎照葉5丁目の新病院へ入院患者が移った。正午までに、搬送車や救急車など計12台で入院患者19人を搬送した。外来診療は5日から始まる。

 

 旧病院に比べて敷地面積が2倍となる新病院では、重症系を中心に病床数を190床から233床に増やすなど設備を充実。一般病床の9割は個室化された。

 患者専用駐車場は旧病院の3倍の300台を整備したが、新たに駐車料金を徴収する。患者や付き添い家族は4時間まで100円、見舞いの場合は1時間100円など。この日、玄関前にバス停も新設され、西日本鉄道(福岡市)の路線バスが福岡市・天神やJR博多駅などから乗り入れを開始した。=2014/11/01付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ