糖尿病用の食事 食べながら学ぶ 東佐賀病院で講座

西日本新聞

 みやき町の国立病院機構東佐賀病院は18日、同病院の地域医療研修センターで、糖尿病の公開講座を開いた=写真。

 同病院は生活習慣病である糖尿病に絞って1年に3、4回、テーマ別に講座を開催している。今回は「おいしく食べよう食事会」と題し、参加者約20人が527キロカロリーに抑えた糖尿病患者用の献立の弁当を食べながら受講した。

 講演したのは同病院の看護師と理学療法士、糖尿病内科医長。「血糖値を安定させるため間食はしない」「食事の量は腹八分目にする」などと指導していた。=2015/02/27付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ