付き添い家族宿泊施設完成市立こども病院ふくおかハウス

西日本新聞

 福岡市立こども病院(同市東区)の敷地内に、入院中の子どもに付き添う家族向けの宿泊施設「ふくおかハウス」が完成し、27日午前、記念式典があった。高度小児医療を提供する同病院には九州内外から患者が集まっており、家族の経済的、肉体的な負担を軽減するため建設された。1人1泊千円で5月から利用できる。

 式典には関係者約70人が出席。ハウスを運営する公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン(東京)の柳沢正義理事長は「医療を支援する大きな役割を果たすことを期待したい」とあいさつした。

 宿泊施設は2階建てで延べ床面積約1500平方メートル。宿泊用の16室があり、共用のキッチンやリビング、多目的室も備える。建設費は4億円で財団が2億円を負担し、残りは市内外の個人や企業・団体からの募金を充てた。=2015/03/27付 西日本新聞夕刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ