がん相談センター 存在もっと知って 福岡市で街頭PR

西日本新聞

 がん治療の情報提供や相談に応じる「がん相談支援センター」の存在を知ってもらおうと、福岡市・天神に相談コーナーが3、4の両日設置された。相談員たちは、街頭で風船やパンフレットを配ってPRした=写真。

 国立病院機構九州がんセンター(福岡市南区)などが主催。支援センターは県内の17病院に設置され、専門の研修を受けた看護師やソーシャルワーカーが相談員を務めている。治療実績のある病院の紹介やセカンドオピニオンの求め方などを伝えたり、患者の家族の悩みを聞いたりしている。センターのある病院の患者に限らず、誰でも無料で相談できる。

 九州がんセンターの相談員竹山由子さん(52)は「がんで悩む人も多い。まず相談支援センターがあることを知ってほしい」と話している。がん情報サービスサポートセンター(平日午前10時~午後3時)=(0570)023410。=2015/05/05付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ