健康・医療・介護のデータ分析 ICTで新システムを 福岡市、民間のアイデア募る

西日本新聞

 福岡市は、情報通信技術(ICT)を活用して市が持つ健康や医療、介護の各データを一元的に管理、分析できる新たなシステムの開発について、アイデアを民間事業者から募集している。参加申し込みは6月1日まで。市の審査を通過した事業者は同30日までに提案書を提出する。

 高齢化が進む中、健康に関する課題について、地域ごとに把握するなどして、効果的な対策につなげる狙い。医療機関や介護事業者、生活支援を行うNPO法人がデータを共有することで、各サービスを効率的に提供できるようになることも想定している。

 事業者には新システムの機能や将来像を示すことが求められ、構築も担う。「全国のモデルとなるような意気込みを持って提案をしてほしい」と市高齢社会政策課。必要書類は市役所か市ホームページで入手できる。問い合わせは同課=092(711)4881。=2015/05/27付 西日本新聞朝刊=

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ